2021年03月28日

親子で学べる「春の学習会」 2021.3.28(日)

s-20210327_131850 (1).jpg

おはようございます。
今日はコロナ禍の中、雨の中、純心においでいただきまして有難うございます。
感染予防には十分、気を付けて会を進行していきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
さて、気象用語で雨は、雲のでき方や雨粒のでき方で「温かい雨」と「冷たい雨」に分類できます。その分類からいうと今日はしとしとと降っていて温かい雨といえるんですけれども。
少し蒸し暑いですが、ここ最近、随分温かくなりましたね。例年より、桜も早く咲いて、花壇にも、道端にもたくさんの花々が一気に咲き、華やいだ気持ちになります。私は、この一年、ブログ更新を頑張ってみました。その中で、花壇に植えた花やいつの間にか咲いた花の写真をアップするようにしてみたのですが、毎回、違う花を見つけてアップし続けることができました。これってすごいことだと思います。何がすごいかというと、それだけ多くの種類の花があるということなんです。背丈の違い、色の違い、水をたっぷり吸うもの、乾燥した土地を好むもの。最近読んだ本のタイトルは、「花は自分を誰とも比べない」というのなのですが、本当にそうだなと思います。こんなに多くの花があることをだれも不思議に思わないし、むしろ喜んでいる。私たちもそうでありたいなと思います。

純心は6年一貫の私立の学校ですから、12歳から18歳の生徒がいます。
いろいろな地域から通学してきます。それを多様性というわけですが、そういった中でこその多くの学びの場があります。
最近の教育界の話題では、「個別最適な学習」という言葉が使われますが、純心が、自分が自分でいてよい場所、自分の生き方を見つける場所になれるといいなと思っています。
今日は短い時間ですが、そんな純心を知っていただけたらなと思います。
小学生の皆さんも、一日純心生として、楽しんでください。
それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

20210326_080615.jpg



posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 20:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。