2020年10月09日

まずは3分間始めてみよう

放送朝礼の反応早速ありました。昨日の昼休み、何故か職員室前に高校3年生がたくさんいました。高校3年生は、普段は別棟なのでなかなか会う機会がありません。その3年生の1人が「校長先生の講話を聞いて、純心に入学して本当に良かった」と話しかけてくれました。先生方も、「涙が出そうだった」とか、「オレゴンに行ってみたい」とか。87年の間に織りなされた歴史の重み、聖名会のシスター方の思いが届いたのかなと思いました。これからその歴史をつないでいく純心生、先生方が幸せでありますように。

今日の話題は、運動と幸せのすごい法則から。「運動は人を幸せにする。」まず3分間の運動で高揚感をもたらすドーパミンとアドレナリンが出てより楽天的になり、集中力が高まってストレスが減少する。20分以上の運動でエンドルフィンが分泌されてさらに高揚感が増す。筋肉が使われることによってつくられた乳酸が脳にたどり着いて不安を解消する。運動をすれば脳も強くなる。まずは3分から。三日坊主から抜け出すには、早朝にやる。「スタンフォード式人生を変える運動の科学」より
皆様、良い週末を。

20201007_102204 (1).jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 19:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする