2018年05月28日

歌は祈り

カトリックミッションスクールである本校では、毎朝、放送に合わせて聖歌を歌うことから一日が始まります。放送室にはオルガンの伴奏者と合唱隊の有志が、時にはや教員の有志が入ることもあります。今週はスペインのバスク地方の聖歌から「きよけき おんみのみ手に」という曲です。今日放送で流れた声は教員の声でした。校舎を出て耳を澄ませるとそれぞれの教室から歌声が聞こえてきました。先生方の声も響いてきました。感動。

5月28日は聖母行列でした。純心短大の学生や教職員、ザビエル教会や鴨池教会の教会学校の子ども達も一緒にマリア様を讃えて祈りました。ラテン語の「聖母賛歌」はいつ聞いても歌っても「いいな〜」と思います。1年生は、入学式の日初めてこの曲を耳にしました。そして全校で歌ったのはこの日が初めてです。2か月足らずで歌えるようになります。これも感動的です。中高時代に歌った聖歌を卒業してから口ずさむことができるのも純心生ならではです。


*写真は、ボランティア部と園芸部が蒔いた「ひまわり」です。福島県から届いた種です。
復興のためにできることを少しずつ続けたいものです。
 
ひまわり1 (2)_R.JPG

ひまわり2 (1)_R.JPG
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 13:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする