2018年05月07日

あおばわかばに

111.jpg
中高事務室前から正門方向


あおばわかばに

あお葉わか葉に 風かおりて 
せせらぎに聞く 奇(く)しき調べ 
木かげに立てる とわのみ母 
みもとに行き 我らいこわん

わかくさ萌(も)ゆる 春の野辺(のべ)に 
一本(ひともと)咲ける その白百合 
操(みさお)かぐわし とわの処女
いざ称えなん ひとの鑑(かがみ)と

みくに慕いて み名呼びつつ 
雲雀あがれる あおきみ空 
高きこころの とわの后(きさき)
あおぎまつり 称え歌わん


随分前のことですが、一人の卒業生が、カトリックの教会で手作りの結婚式を挙げたいと相談にきたことがあります。式中に聖書の「愛の讃歌」(使徒パウロのコリント人への手紙)をぜひ読みたい、そして、「あおばわかば」という聖歌もぜひ歌いたいと。在学中、5月の「マリア様の月」に歌った思い出深い、大好きな歌ということでした。ただ、結婚式は、翌年の秋。悪くはないんだけれど・・・。と思いつつ。毎年「マリア様の月」、5月になると、この卒業生を思い出します。
朝礼の時、生徒の読んでいる聖書に何気に目をやった時、マーカーでしるしをつけていることに気が付いたことがあります。彼女曰く、「この言葉好きなんです。」

生徒たちのことばに、ほっこりさせられることもしばしばです。
五月も2週目になりました。今日のお昼休みの聖堂も、世界平和のために祈る生徒の声が響き渡ることでしょう。




posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 13:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする