2020年12月23日

2学期 終業式

おはようございます。2020年も残すところあとわずかになりました。本当に新型コロナ感染症に翻弄させられた一年でしたね。皆さん疲れていると思いますので今日は温かくなる話をしましょう。
 先日、大分県の高崎山の動物園でイケメンのサルの投票が行われたニュースを見ました。エントリーされたサルの写真が数枚紹介されていたのですが、それぞれに表情が違って、かわいくて、「癒される〜」と思わず声を上げてしまいそうでした。
数年前にここのサルが見たくてこの動物園に行きました。園ではサルが自然の状態でオリもなく観光客のすぐそばまでやってきます。1200匹余りのサルがいますが、ちょっと大きめのオスザルから、生まれたばかりのとってもかわいい子ザルまですぐ近くでみることができるのです。好奇心旺盛な子ザルはちょろちょろします。その親と目が合うと危険なので目を合わせないようにと飼育員の方に説明を受けていたので目が合わないようにドキドキしながら見ていた記憶があります。
ところで ニホンザルの体は分厚い毛皮で覆われていて凍えるような零下20度くらいの寒さに適応できるそうです。私たちにもこんな毛があったら、今日の寒さも平気ですね。
彼らは創意工夫によって食べ物を得ているので、地球上で最も賢いサルの一種、頭脳で冬を乗り越えると言われています。見た目もおいしくなさそうな木の皮も工夫して食べるそうですが、実はこれが賢い選択なのです。木の表皮のすぐ下には、豊富な栄養が蓄えられていることを知っていて、生き延びるのに十分な栄養を摂取することができるからです。
越冬のための知恵は他にもあります。皆さんの中には温泉につかっているニホンザルの映像を見たことある人もいらっしゃると思います。想像してください。雪がちらつく中、数匹の猿が温泉につかり、いかにも「いい湯だな」とくつろいでいる光景です。日本は火山大国ですが、火山活動によって温められた地下水が地上に湧き上がり真冬でもその地下水に入ることができる、これが温泉です。ニホンザル、別名スノーモンキーが温泉につかる姿は、世界の人々を驚かせ有名になりました。さあ、みなさん温かくなってきたでしょう。ちょっとマスクの下で微笑んでみましょう。もっと心が温かくなってきませんか。
聖書457ページを開いてください。Tコリント 10章13節に「あなたがたを襲った試練は、何一つとして人間に耐えられないようなものではありませんでした。神は信頼に値する方です。耐えられないような試練にあなたがたを遭わせるようなことはなさらず、むしろ、耐えることができるように、試練と共に抜け出る道をも用意してくださるのです。」と書いてあります。
今日もコロナウイルスの脅威は続いています。これまでも幾多の感染症が人類を襲ったことがありますが、「抜け出る道をも用意してくださるのです。」とあるように、それを克服してきたことは歴史が証明しています。
皆さんもこの冬休みは、コロナ対策をしっかりとするとともに不要不急の外出を避け、ニホンザルよりももっと賢く創意工夫をしながら静かな年末年始を送ってください。長い2学期で疲れた心身のメンテナンスにも心がけ、学習の遅れも取り戻せるよう計画的に過ごしましょう。特に3年生の皆さん、頑張ってくださいね。
それでは、1月8日(金) 三学期始業式に 今日よりもさらに優しく輝く皆さんにお会いできることを願って、二学期終業式の挨拶とします。

20201223_131841 (1).jpg


posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 20:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

校内クリスマス 

今日は、皆さんと共に素晴らしい時間を過ごすことができました。
講話をしてくださいましたK神父様に改めてお礼を申し上げます。R学園の皆様、今年も聖なるご降誕の劇を一緒に作り上げることができイエス様もきっと喜んでくださっていることでしょう。ご協力いただき有難うございました。また、クリスマス会のためにたくさんのアイディアを出し、貴重な時間を惜しまずに提供してくださった生徒の皆さん、先生方、本当に有難うございました。

イエス様は、私たちの心の中に生まれてくださいます。皆さんの中で「いのち」が輝き出すのです。今日、私は皆さんに「いのち」という歌を紹介します。この歌は、イエスのカリタス会という修道会のシスターFの作です。シスターFはシスターだったお姉さまを早くになくしておられます。

『いのち』
いのちがこんなに尊いのは この世に たったひとつだから
いのちがこんなにきれいなのは 神さまが心込めてるから
いのちがこんなに愛しいのは それはあなた あなたのいのちだから

父さんがいて 母さんがいて 家族がいて みんながいて
そしてあなたが生まれた けっして一人ではなかった
みんなで守るよ そのいのちを 心と体 傷ついても
あなたのいのちは変らないよ 美しく光り輝いてる

生きて 生きて 生きて欲しい かけがえのない あなたのいのちを
生きて 生きて 生きて欲しい かけがえのない あなたのいのちを
あなたのいのちを

私たちはいのちの大切さを知っています。学んでいます。
2015年に国連総会で全会一致で採択された2030年までに世界が達成する目標、「持続可能な開発目標」SDGsについては皆さんもご存じでしょう。その基本方針は「だれ一人取り残さない」です。
「だれ一人取り残される人がない」ように自分の能力や自分の時間を快く提供できる人は神様にも人にも喜ばれる人です。

2020年のクリスマス、皆さんと皆さんのご家族に、イエス様の祝福が豊かにありますように
心よりお祈りいたします。

メリークリスマス。

20201222_110355.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 17:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

ひとつのことば

ひとつのことば

ひとつのことばで けんかし
ひとつのことばで なかなおり
ひとつのことばで 頭が下がり
ひとつのことばで 心が痛む
ひとつのことばで 楽しく笑い
ひとつのことばで 泣かされる
ひとつのことばは
それぞれにひとつの心を持っている
きれいなことばは きれいな心
やさしいことばは やさしい心
ひとつのことばを 大切に
ひとつのことばを 美しく
                 
今日届いたカトリック新聞に掲載されていました。この『一つのことば』はいろいろなバージョンがあるようです。作者も北原白秋とか作者不明とか。この詩、ゆっくり書いて味わってみたいと思います。

週末も寒いです。体調管理に気を付けてお過ごしください。

20201206_100607.jpg


posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。