2020年10月06日

純心オリジナルグッズ

コロナ禍のため、純心の一大イベント「純心バザー」は本年度中止と決定しています。
「純心バザー」の歴史は、昭和10年12月1日まで遡ります。鹿児島純心の前身の聖名高等女学校が開校して2年目の冬で、バザー、学芸会、展覧会の総合的な文化祭。市内で初めてのバザーでした。生徒の製作品は手芸品など見事な出来で、シスターヴェロニカ(聖名会シスター)の指導で外国風に陳列され、カナダのハイスクールの生徒の絵や作品、姉妹校から贈られた人形などが会場に異国情緒を醸し出したそうです。純益の使途は、鹿児島市の社会課やその他の福祉施設、国防献金、学校備品費などでした。国防献金というところに時代が表れていますね。
「純心バザー」は、毎年PTAやそうび会(同窓会)、小百合会(卒業生の保護者会)その他純心ファミリーに多大なご協力をいただいています。本年度はPTA会長様をはじめ役員の皆さんが「学校のために役に立ちたい、できることがないか」と討議を重ね純心オリジナルグッズを準備し注文を取ってくださっています。純心グッズには皆さんの純心への思いが詰まっています。本当にありがたいことです。

0.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする