2020年10月05日

すべてのいのちを守るために

毎年10月4日はアシジの聖フランシスコの記念日です。そして今年10月4日は9月1日から始まった「すべてのいのちを守るための月間」の最終日でした。私がこの期間に特に意識したことは、小さい叫びに気づくことでした。SDGsの取り組みを学んだり、読書から得られたことがいくつもあります。この月間は終わりましたが、これからも大切にしたいと思います。純心で学ぶ生徒の皆さんが、自分の世界だけでなく、視野を広げて世界に心を寄せる、優しさと逞しさ、賢さを身に着けることができますように。アシジの聖フランシスコは「自然環境保護の聖人」です。

「すべてのいのちを守るためのキリスト者の祈り」

宇宙万物の造り主である神よ、
あなたはお造りになったすべてのものを
ご自分の優しさで包んでくださいます。 
わたしたちが傷つけてしまった地球と、
この世界で見捨てられ、忘れ去られた人々の叫びに
気づくことができるよう、
一人ひとりの心を照らしてください。
無関心を遠ざけ、貧しい人や弱い人を支え、
ともに暮らす家である地球を大切にできるよう、
わたしたちの役割を示してください。
すべてのいのちを守るため、
よりよい未来をひらくために、
聖霊の力と光でわたしたちをとらえ、
あなたの愛の道具として遣わしてください。
すべての被造物とともに
あなたを賛美することができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

(2020年5月8日 日本カトリック司教協議会認可)

20200831_133354.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 17:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする