2020年09月08日

台風の後

「台風一過」という言葉が示す事実上の秋の到来は、まだまだ先のような今日の日中の気温ですが、厳しかった令和2年(2020年)の猛暑も、終わりがほんの少し見えてきたように思います。皆様のところでは、台風の被害はなかったでしょうか。被害を受けられた皆様にお見舞いを申し上げます。
7日は朝から中高寮生や学園(法人や短大・中高)の先生方で木々や落ち葉の片づけをしました。短大の先生方が「手際がいいね」「慣れているね」と寮生の作業の様子を褒めてくださいました。寮の日課では毎朝掃除の時間があります。食事の配食や片付けも自分たちでやっています。だからでしょう、学校の練成会でも掃除や食事の片付けの時など段取りよくさっさと動くことができます。日々の日課が役に立っていますね。台風の片付けも寮生の気持ちの良いお手伝いであっという間にきれいになりました。助かりました。有難うございました。もう一つ台風後のエピソード。寮の横の栴檀の木付近で。「うわ、やっぱり。」ここは、普段から葉っぱや花や実などがたくさん落ち毎日の掃除が大変な場所です。「良かったね剪定しておいて。落ちる量が少なかった。」昨年、木の上の方を剪定していたから。「実が落ちたから鳥たちがかわいそうね。」毎年季節になるとたくさんの小鳥(ムクドリ?)達が来て実を食べていきます。皆で一緒に作業をするといろいろな会話ができて楽しいなと思いました。
さて、校庭の芝生の上にはトンボが飛んでいます。体育祭も終わりました。落ち着いて学びに向かう日々になりますように。

20200908_121803.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 19:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする