2020年05月30日

今日は、いつもより朝礼の時間を長くとり、コロナウイルス感染症に苦しむ世界のために祈りました。「祈りましょう」の声に合わせてスッと手を合わせる姿は美しい。
合掌はなぜ美しいのでしょう。「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」、感謝や畏れが、自然と手を合わせる行為になります。そして、手当のことばもありますが、手は力を与えます。

西遊記の中の話で、孫悟空が得意の足で雲に乗って遠くに行きそこで見つけた柱に自分の名前を書き、帰ってきて得意になって報告をしたらそれはお釈迦さまの指に書いた名前だったと言う話が好きで、「所詮そういうこと」と思う時があります。結局は、手の中で躍っているだけで、やっているのは小さいことなのだとか、守られているのだとか、私の中では、フウッ〜と息をつきたいときに掌で休んでいる自分を想像します。あまり力まなくても大丈夫。さて、5月も終わりです。感謝しつつ、よい週末を過ごしてほしいです。

CIMG0805.JPG
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 15:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

Tota pulchra es Maria

4時間目、校舎の外に出たら、5階の音楽室からTota pulchra es Maria(限りなく麗しいマリア)が聞こえてきました。換気をよくするために校舎中全開になっているし、今日は風もよく通っています。大きな声を出すことはできないのですが、なんとか工夫しながら音楽の授業も頑張っています。思わず、5階まで駆け登りました。(いやいやエレベーターですが。) 入り口のドアも開いているので後ろから見学です。中学1年生でした。担当の先生から声をかけていただいたので、私「ラテン語の歌はいかがですか」、生徒「えっ、ラテン語なの」担当教員「言ったでしょう」いつもながらのやり取りです。その後、純心讃歌も披露してくださいました。思いっきり声は出せないのですが心が洗われるようでした。ラテン語のマリア様の歌やミサ曲を歌うのは純心ならではです。この歌を歌う純心生が皆、純粋に優しく賢く育ってほしいなと思いました。当初の予定では明日中高と短大と合同の聖母行列の予定でしたが、今年は中止。例年と異なり、時間短縮して放送で実施します。行列の中で白いドレスを着、花冠を付けマリア様に花をまく中1の役割はこの学年にはないのだなと少し寂しい気もしましたが上級生の中にも行列ができないことを残念がる声も聞こえました。中1は、明日授業時間を聖堂でマリア様を讃えて祈る予定です。
どうか生徒、教職員の皆さんの平和への思い、祈りが世界に届きますように。クラスには、生徒の皆さんが持ってきた花が飾られています。明日はきっといい日になるでしょう。

CIMG0794.JPG
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 19:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

腹式呼吸でリラックス

今日のニュースで東京タワー解禁の話題が。しかし、3密を避けるためのまさかの600段階段利用。学校の新館横の階段は何段あるのかしら。私といえば運動不足に加齢が加わり途中で何度も立ち止まり息が上がります。ここを夏の暑い日も、雨の日も風の日もここを利用する皆さん、そして電車やJRや自転車を利用する生徒や先生方は「銀杏坂」、こちらも大変です。昨日、何気なく早口言葉を繰り返してみました。息が続かないなとびっくりしました。息が続かないと大好きな歌が歌えないし、元気な声もでないですね。なんとなく音楽のK先生に教えていただいた腹式呼吸をやってみました。基本は「口からゆっくりちゃんと吐く」。息を吐き出せたら今度は鼻から息を吸い込みます。集中していると、気持ちがゆったりしてきます。「腹式呼吸」は、ヨーガ・禅・気功などに使われる呼吸法です。落ち着きやリラックスしているときに働く「副交感神経」を刺激します。血液やホルモンの循環がよくなり、緊張からの解放、精神の安定、心身の休息と回復などの作用があります。その他にもうれしい効果が期待できます。瞑想も好きですが、腹式呼吸でリラックスもいいなと思います。

0.jpg
posted by 鹿児島純心女子中学・高等学校 校長 at 19:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする